このページの先頭です
ここから本文です

通信vol.69「スマホ通院はじめました」「症状は川の流れのように」「当院の新しいブログサイトのホームページが完成」

「スマホ通院はじめました」

1.スマホ通院とは?、2.こんな方にオススメです!


1.スマホ通院とは? 〜遠隔診療〜
スマホ通院は、予約から診察、支払いまでをインターネット(パソコンやスマホ)を通して行うことができるサービスです。
処方箋はご自宅に配送されるため、実際にクリニックに来院することなく、効率的に診察を受けていただくことが出来ます。
2.こんな方にオススメです!
仕事が忙しい方、育児中の方、定期的な治療が必要な方など通院に手間を感じていたり、待合室での順番待ちが苦手な方にオススメです。予約・診察・会計をパソコン・スマホで完結させることが出来るため、職場や自宅等、場所を問わず診察を受けて頂けるようになります(心療内科は実施しておりません)。

3.スマホ通院のための準備、4.スマホ通院の診察とは?


3.スマホ通院のための準備(スタッフがお手伝いします!)
.▲廛蠅鬟ぅ鵐好函璽襪垢
スマホ診察の専用アプリをインストール、又は、専用サイトにログインする。
▲▲ウントを作成し医療機関を選択する
氏名・メールアドレス・パスワードを入力する。入力いただいたメールアドレスにメールが届いたらアカウント完了です。医療機関の中から当院を選択(当院の「QRコード」読み取り)する。
情報を登録し、診察を予約する
住所や携帯番号や問診票の入力をしてください。処方箋などの配送先となるので住所は正確に入力下さい。電話番号は医療機関からの緊急連絡や診療開始連絡のため携帯番号を入力下さい。クレジットカード情報(初回のみ)を入力し、保険証の写真を撮影するか保険証情報を登録する。予約希望日時を選択し、診察希望日時の確定を行う。
4.スマホ通院の診察とは?
予約時間の5分前には、電波の良い静かな場所でカメラ・マイク付のパソコンやタブレットやスマホのご準備をお願いします。医師の準備が整い次第、診察が始まります。

5.お会計や処方箋の配送について


5.お会計や処方箋の配送について
診察が終わると、医療機関側で会計などの事務処理が行われます。事前に登録されたクレジットカードで決済を行うため、特に手続きは必要ありません。
〕縮鷸点で予約金1500円が発生します(予約日時の変更は可能ですがキャンセルした場合予約金は返金されません)。
⊃濃‘に再診料と処方せん料などの費用がかかります。
事務処理が完了すると、次回の診察の予約を行えるようになります。処方箋は通常、診察の2〜3日で届きます。届かない場合は直接当院にご連絡下さい。
【注意事項】
※医師の許可なくオンライン診察は出来ません。
※スマホ通院は原則的に再診の方に限ります(一度対面で診察を受け案内に従って下さい)。
※一度スマホ診察が許可されても、定期的な対面診察が必要となります。

「症状は川の流れのように」

1.風邪の場合


‘熱が出た’、‘口が痛い’。
どんな症状もその前に何かのエピソードがあり、その結果で起きています。
例)風邪:
 道韻鯔困譴困屬未譴砲覆辰拭
  ↓
◆討困屬未譴里泙泙任困辰箸い拭
  ↓
‘風邪をひいた’
  ↓
ぁ毒が出た’
熱があまりに高い時、解熱薬を使います。しかしそれは根本的治療ではありません。風邪には安静・休養が治療になります。風邪が治れば熱は自然に下がります。私はこのような一連の経過を、いつも「川の流れ」のように感じます。
,肋緡の里を流れる川、
△話耄の町々を流れる川、
は海の直前の河口、という感じです。
私たちは何らかの不快な症状(=河口の症状)を感じると、それを取り去りたいと考えます。そしてその症状が落ち着けば、その原因が残っていても気にしなくなります。でも、本当にそれだけでいいのでしょうか?実はメンタルから起きる体の症状(=身体症状症)の場合、それだけでは真の改善になりません。

2.口が痛い場合


‘口が痛い’が身体症状症だった場合で考えてみましょう。
例)口内痛:
 堂燭任皸く考える癖がある’
  ↓
◆督砲ど分に異常はないと言われるとそれは難病でどんどん悪くなると考える’
  ↓
‘すごく不安になる’
  ↓
ぁ童が痛い’
何かの不安を契機に生じた口の痛みには、通常の鎮痛薬は効きません。そして、,らの川の流れが繰り返され、い慮内痛が増強されます。抗不安薬を服用すると鎮痛薬でもないのに痛みがましになります。なぜなら、それは川の上流に対処できているからです。しかし、これも根本的治療にはなっていません。そもそもの源は‘なんでも悪く考える癖がある’です。これを放置すれば、何度でも同じ悪循環を繰り返します。川の流れを正しく理解し、,慮擦紡个垢觜佑方の工夫(=認知療法)を実践することこそが、真の治療になります。感じている症状は、長い長い川の流れの最後の河口部分です。身体症状症はそこだけ対処してもよくなりません。川の一番上流に何があるかを知り、それへの対処能力を身につけることが何より大切です。

「当院の新しいブログサイトのホームページが完成」


当院の新しいブログサイトのホームページが完成しました。症状別に検索できて、各症状に対する治療法や症例が詳しく掲載されています。ぜひご覧下さい。

最新の記事

通信vol.69「スマホ通院はじめました」「症状は川の流れのように」「当院の新しいブログサイトのホームページが完成」
(2017/10/31)
通信vol.68「作業療法の症例(手指の症状でお悩みの方)について」「帯状疱疹ワクチンについて」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜不安障害編〜」
(2017/09/01)
通信vol.67「理学療法の症例(肩痛と膝痛)について」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜身体痛編〜」
(2017/06/30)
通信vol.66「頚部神経節ブロックの症例(突発性難聴、うなだれ首)について」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜口・歯・舌痛編〜」」
(2017/05/02)
通信vol.65「頚部神経節ブロックについて」「症状○○はどんなとき強まりますか?」
(2017/03/02)
通信vol.64「新年のご挨拶」「院長インタビュー〜覚悟の瞬間〜」「アサーション」
(2017/01/04)
通信vol.63「院長インタビュー〜覚悟の瞬間(インタビューサイト)〜」「運動療法〜痛みの治療編〜」「慢性疼痛とパニックの共通点」
(2016/11/01)
通信vol.62「リニューアルオープン!拡張しました!」「リハビリ部門の拡張〜運動療法新設〜」「健康365(10月号)当院記事掲載」「パニック障害の治療法〜行動療法と認知療法〜」
(2016/09/01)
通信vol.61「痛み治療の目標(ゴール)設定の重要性」「筋膜リリースのエコー画像」「パニック障害の治療法」
(2016/07/02)
通信vol.60「筋膜リリース」「超音波(エコー)ガイド下ブロック注射」「広場恐怖ってなに?」
(2016/05/02)
通信vol.59- 崘召“痛みグセ”を覚えてしまう前に治療しましょう!」
(2016/03/02)
通信vol.59-◆峅嵎款鼻2016年の傾向)」、「スーパーの行列に並べません! これって病気ですか?」
(2016/03/02)
通信vol.58(「当院の来院のきっかけ」、「当院の来院の多い症状(ペイン部門と心療内科部門別)」、「新タイプの睡眠薬」)
(2016/01/04)
通信vol.57(「かわたペインクリニックの取り組み〜タ少ない麻酔科と心療内科の併設クリニック〜」、「痛くて眠れない時に睡眠薬よりいい薬」)
(2015/11/03)
通信vol.56(「かわたペインクリニックの取り組み〜て端譴閉砲澆亮N邸繊廖◆峭堝伊椣未旅佑方」)
(2015/09/05)
通信vol.55(「かわたペインクリニックの取り組み〜4擬塒預莪貅腟繊繊廖◆崢砲澆粒稜Ч坩戞)
(2015/07/01)
通信vol.54(「かわたペインクリニックの取り組み〜⊆N妬圈繊廖◆崋N展果が上がりやすい痛みの考え方」)
(2015/05/06)
通信vol.53(「かわたペインクリニックの取り組み〜ゝ蚕冓圈繊廖◆屬△覆燭猟砲澆帽△里弔えはないですか?」)
(2015/03/02)
通信vol.52(「腰痛の最新治療について」、「自律神経の不調を整えるためには?」)
(2015/01/05)
通信vol.51(「腰痛の最新治療△砲弔い董廖◆嵜臾音間・睡眠リズムメカニズムの話について」)
(2014/11/04)
通信vol.50(「腰痛の最新治療,砲弔い董廖◆崢砲澆離瓮ニズムと痛みの治療薬について」)
(2014/09/01)
通信vol.49(「痛みの上手な伝え方について」、「痛みの細分化について」)
(2014/07/02)
通信vol.48(「慢性疼痛緩和プログラムの中の精神療法について」、「慢性疼痛について◆)
(2014/05/03)
通信vol.47(「神経障害性疼痛について」、「慢性疼痛について」)
(2014/03/06)
通信vol.46(「骨粗しょう症の治療〜最前線〜」、「メンタル症状に使える漢方薬」)
(2014/01/05)
通信vol.45(「最近の痛みの治療について」、「睡眠薬のQ&Aについて」)
(2013/11/03)
通信vol.44(「慢性疼痛の最近の薬物療法について」、「睡眠について知っていると役立つことについて」) 
(2013/09/02)
通信vol.43(「イオントフォレーシス療法について」、「心療内科の薬の減らし方について」) 
(2013/06/29)
通信vol.42(「理学療法の症例“々痛”と“膝痛”」、「認知行動療法について」) 
(2013/05/07)
通信vol.41(「漢方薬の良く効く症例紹介“”痛”と“▲船奪症”」、「心療内科におけるパニック障害の治療について」) 
(2013/03/08)
通信vol.40(「AKA(エーケーエー)療法の症例」「心療内科における不眠治療〜睡眠薬のお話〜」) 
(2013/01/17)
通信vol.39(「わき腹痛・肋間神経痛の症例「抗不安薬のお話」) 
(2012/11/12)
通信vol.38(「背部痛の症例「抗てんかん薬のお話」」「スタッフおすすめ治療〜硬膜外ブロック〜」)
(2012/09/09)
通信vol.37(「頭痛の症例」「痛み測定器ペインビジョン」「抗うつ薬のお話」)
(2012/07/12)
通信vol.36(「かかと痛の症例」「心療内科の薬について」)
(2012/05/09)
通信vol.35(「花粉症の症例」「心理検査」「足底板」)
(2012/02/29)
通信vol.34(「自律神経失調症と冷え症の症例」「社交不安障害」)
(2012/01/11)
通信vol.33(「顔面痛(歯口顔舌の痛み)症例」「睡眠のトラブルでお悩みの方へ」)
(2011/11/09)
通信vol.32(「頚椎症・肩こり症例」「原因不明の痛み、歯・口・顔の痛み」)
(2011/08/31)
通信vol.31(「腰痛症例」「心療内科の心理療法・手技療法の紹介」)
(2011/07/07)
通信vol.30(「帯状疱疹後神経痛の症例」「心療内科の診察室と診察時間の拡充」「トリガーポイント注射」)
(2011/05/11)
通信vol.29(「術後疼痛」「かかと痛」) 
(2011/03/09)
通信vol.28(「花粉症◆廖嵜肝兎皺覆凌翰療法」) 
(2011/01/13)
通信vol.27(「帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛◆廖屬Δ追臓廖法
(2010/12/01)
通信vol.26(「歯・口・顔の痛み」「認知症」)
(2010/09/30)
通信vol.25(「関節内注射」「鍼灸治療」)
(2010/07/15)
通信vol.24(「不眠症」)
(2010/05/27)
通信vol.23(「星状神経節ブロック」「ストレスと病気」)
(2010/03/03)
通信vol.22(「ペインクリニックと心の治療」)
(2010/01/15)
通信vol.21(「硬膜外ブロック」「リンパトリートメント」)
(2009/11/30)
通信vol.20(「肋間神経痛」「ヘム鉄・銅サプリメント」)
(2009/11/06)
通信vol.19(「トリガーポイント注射」「プラセンタ療法」)
(2009/09/01)
通信vol.18(「整膚療法」「認知症予防のサプリメント」)
(2009/05/07)
通信vol.17(「アレルギー疾患」「コエンザイムQ10のサプリメント」)
(2009/03/10)
通信vol.16(「変形性膝関節症◆廖屮哀襯灰汽潺鵝Ε灰蕁璽殴鵑離汽廛螢瓮鵐鉢◆廖
(2009/03/10)
通信vol.15(「冷え性」「メディカルサプリメント」)
(2008/11/24)
通信vol.14(「更年期障害」「ビタミンCのサプリメント」)
(2008/11/24)
通信vol.13(「自律神経失調症」「プロアントシアニジン+αリポ酸のサプリメント」)
(2008/09/03)
通信vol.12(「変形性股間節症」「グルコサミン・コラーゲンのサプリメント」)
(2008/07/03)
通信vol.11(「花粉症」「ベースサプリメント」)
(2008/04/30)
通信vol.10(「顔の痛み」「サプリメント一覧」)
(2008/04/30)
通信vol.9(「頭痛」「無血刺絡(シラク)療法」)
(2008/04/30)
通信vol.8(「足関節痛・足関節炎」「サプリメント外来」)
(2007/10/01)
通信vol.7(「三叉神経痛」)
(2007/08/13)
通信vol.6(「変形性膝関節症」)
(2007/06/01)
通信vol.5(「肩関節周囲炎」「メタボリック症候群」)
(2007/03/07)
通信vol.4(「帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛」「AKA療法」「遠絡療法」)
(2007/01/29)
通信vol.3(「頚椎疾患」)
(2006/11/15)
通信vol.2(「腰痛」)
(2006/09/21)
通信vol.1(当院の来院傾向)
(2006/07/30)