このページの先頭です
ここから本文です

痛信vol.93「変形性股関節症について」、「不安と上手に付き合う7つのテクニック 」

変形性股関節症について

1.変形性股関節症の症状(主な症状は下記の3つです)


体の中で最も大きい関節は「股関節」で体重を支えるだけでなく「立つ・歩く・座る」など日常生活の基本動作を担う股関節の病気の中で日本で一番多いのが「変形性股関節症」です。
1.変形性股関節症の症状(主な症状は下記の3つです)
仝坿慇當泡邑坿慇瓩狼咾良佞浦にあるので、立ち上がりや歩き始めに「始動痛」、進行すると安静時も常に激痛が続く「持続痛」になり「夜間痛」で睡眠に影響が出る事もあります。
機能障害⇒股関節周辺の筋肉がこわばり動きが悪くなる「関節拘縮」が起こり、可動域が狭くなることによって、日常
生活(足爪切り・靴下着脱・正座など)が困難になってきます。
l豺國余評が進むと、脚を引きずって歩く「跛行」が生じ、安静時の筋力低下・片側骨盤が傾くことによる左右の脚長
差が原因で股関節が不安定になり、体全体のバランスが崩れるため長時間立ったり歩いたりすることがつらくなります。

2.変形性股関節症の原因は?(一次性・二次性に分かれる)


2.変形性股関節症の原因は?(一次性・二次性に分かれる)
^貅\⇒長年、股関節を使い続けるうちに少しずつ軟骨がすり減り、ある時点で痛みが自覚症状となって現れるケースです(股関節負担のスポーツや労働・肥満等に発症が多い)。
二次性⇒生まれつき股関節の形に異常があるケース(股関節の受け皿となる臼蓋が不完全な形で成長し大腿骨骨頭がきちんとおさまらず浅くなってしまう「臼蓋形成不全」)や特定の病気(生まれつきや乳児期オムツの巻き方などが原因で股関節の関節が外れてしまう「発育性股関節形成不全」)などが引き金になって発症し、特に日本人に多く見ら
れ自覚症状がないまま中年以降に発症することがあります。

3.当院における変形性股関節の治療方法


3.当院における変形性股関節の治療方法
 ̄親偉屠 淵螢魯咼蝓泡幼砲澆あると長期間動かさないため筋肉が固まり可動域が狭くなる上、股関節の動きが悪くなると、軟骨に栄養がうまく行き渡らず、軟骨の状態も悪くなるため医師や理学療法士の指導の元、ストレッチ(関節を動かし易い状態にする)や筋力アップ(股関節周辺筋力を強化することで股関節の負担を軽減する)リハビリなどを行います。
注射(神経ブロック注射と関節注射)⇒股関節や股関節周辺に神経ブロック注射や関節注射を行うことにより、痛みや炎症を抑える治療法です。
L物療法⇒消炎鎮痛薬(飲み薬、湿布・塗り薬、座薬)など薬物療法を行うことにより、苦痛を取り除き、関節の状態を良くすることで、患者様のQOL
(生活の質)を高めることができます。
な理療法⇒物理療法を行うことにより、血行を促進し炎症を軽減させて、痛みを抑え、筋肉や関節を動かし易くする治療法です。
イ修梁匠擁盥垰に杖や左右脚の長さが異なる場合には靴に補高を行う場合もあり、保存療法で症状が取れず日常生活が大きく制限される場合は手術が必要になる事もあります。
変形性股関節症は、痛みが強くなってからでは、生活への影響もそれだけ大きくなるので、股関節の痛みや歩きにくさなど、脚の付け根に異変が現れた時は、なるべく早く診察を受けることが大切です。当院では、患者様の症状やライフスタイルに合わせ、最善の治療を提供しておりますので、気になる症状がある場合は、ぜひ一度ご相談下さい。

「不安と上手に付き合う7つのテクニック」


精神科医・福場将太先生の講演の中の「不安と上手に付き合う7つのテクニック」のお話がとても良かったので福場先生の了解を頂いて、今回、ご紹介させて頂きます。
^い想像をするから不安
⇒悪い想像と現実の間にギャップがないか確認する!
もしも想像で100悪いと思っていて、現実が70の
悪さだったら、30の差があります。その場合、自分
は4割増しで悪く考えやすいと覚えておきましょう。
知らないから不安
⇒知らないことはちゃんと勉強しよう!
今もコロナに対する不安はあります。しかし日本でコロナ感染が広がり出した頃の恐怖は、未知なため、それ以上
でした。正しく知ることで減らせる不安もあります。
自分一人だけと思うから不安
⇒仲間の存在を知ろう!
自分と同じ状態の人がいると思うと不安が減ります。
同じ悩みを持つ仲間は、日本にいっぱいいます。
ぜ最圓垢襪里不安
⇒失敗ではなく成功のための大事なデータ集めと考えよう!
つまづいたりぶつかると、次はそこに気を付けるようにします。それをしていたら、同じ失敗は起きにくくなります。それを繰り返すことで、最後には歩ける道が見つかります。
ゥ泪ぅ淵垢世韻鮓て不安
⇒マイナスだけを見ないで!
どんなことにもプラスとマイナスがあります。自分が出来てな
いところを見て自分は人より劣っていると思うかもしれません。しかし、周りの人がしていない苦労や努力もしています。
そんな自分だからこそ持っているパワーがきっとあります。
μ斉、英語のテストがあるから不安
⇒つべこべ言わずに、やることやれ!
不安、不安と言っていても、成績は上がりません。
明日、英語のテストがあるのなら、不安をつぶやく
より、英単語を1つ覚えましょう。
Д献鵐スは2通り
<占いが好きな人>
⇒オリジナルのジンクスを作って、よい予感を作ろう!
例)朝にこの曲を聴くといいことがある。
<占いを信じない人>
⇒とことん何も信じるな!
ただすることをしている。それでいいのです。

最新の記事

痛信vol.94「当院取り扱いの各種ワクチンについて」、「知らず意識は“未来へ過去へ” 」
(2021/11/09)
痛信vol.93「変形性股関節症について」、「不安と上手に付き合う7つのテクニック 」
(2021/08/31)
痛信vol.92「コロナワクチンの副反応について」、「はやぶさ2」のカメラの話 〜‘観察’は最大の武器、‘実験’は最高の能力アップ効果〜も同じ病気!?」
(2021/07/08)
痛信vol.91「肩こりと腰痛について〜コロナ禍で気を付けたい〜」、「症状が違っても同じ病気!?」
(2021/04/30)
痛信vol.90「帯状疱疹の予防法〜帯状疱疹ワクチン〜」、「ストレスの減らし方」
(2021/03/02)
痛信vol.89「当院の来院理由と紹介病名の上位10症状(2020年版)」、「“願いと心の関係”」、「明けましておめでとうございます。」
(2021/01/08)
痛信vol.87「帯状疱疹後神経痛の治療について」、「〜脳からの痛み〜「症状増強」は3つのチャンスに変えられる!?」、「お陰様で当院17周年」
(2020/10/31)
痛信vol.86「帯状疱疹後神経痛とは?」、「自動思考ってなーに?」
(2020/08/29)
痛信vol.85「帯状疱疹の治療と予防」、「脳で起きる痛みには1回目と2回目がある」
(2020/07/02)
痛信vol.84「帯状疱疹とは?」、「痛みの原因は‘未来’にある?」「当院のコロナ ウイルス感染症対策について」
(2020/04/30)
痛信vol.83「帯状疱疹専門ホームページについて」、「“察してほしい”と“悪く深読みしすぎ’”は要注意! 〜対人関係療法の話から〜」
(2020/03/03)
痛信vol.82「突発性難聴について」、「アンガーマネージメント〜怒りをコントロールする方法〜」
(2020/01/06)
痛信vol.81「術後慢性痛について」、「ベンゾジアゼピン系抗不安薬の減量方法」
(2019/11/01)
痛信vol.80「手術”をしないで“腰痛”を治す方法〜診断編〜」、「認知のこまったちゃん 「シロクロン」ッキー”」
(2019/09/02)
通信vol.79「痛み」も“病気”や“障害”と捉える〜リハビリの重要性〜」、「認知のこまったちゃん“ベッキー”」
(2019/07/02)
通信vol.78「腰痛(狭窄症・ヘルニア)の手術に踏み切れない方へ」「眠れない時は遅寝早起きを!」
(2019/04/26)
通信vol.77「変形性関節症の治療〜リハビリの重要性〜」「その口の痛み。体から?脳から?」
(2019/03/01)
通信vol.76「手術・骨折後のリハビリの重要性」「痛みを強める6つの気分」
(2019/01/07)
通信vol.75「腰痛の最新治療!」「‘脳からの痛み’は無意識の思いも原因になる!」
(2018/11/01)
通信vol.74「慢性痛の治療革命!痛みを脳で克服!チーム医療で効果!」「痛みはあなたの気持ちのサイン?」
(2018/09/13)
通信vol.73「当院のリハビリテーション科について」「痛みと脳〜〜側坐核(そくざかく)を元気にしよう!〜」
(2018/07/02)
通信vol.72「当院の来院のきっかけ」「当院の来院理由となる症状」「`症状をゼロにする’を目指さず‘症状に対処できる’を目指す!」
(2018/04/28)
通信vol.71「肩痛の最新治療」「睡眠薬を飲む前に試みること〜睡眠時間の見直し〜」「花粉症対策」
(2018/03/03)
通信vol.70「レントゲン時代からエコー時代へ」「ストレスとストレッサー」「新年のご挨拶」
(2018/01/05)
通信vol.69「スマホ通院はじめました」「症状は川の流れのように」「当院の新しいブログサイトのホームページが完成」
(2017/10/31)
通信vol.68「作業療法の症例(手指の症状でお悩みの方)について」「帯状疱疹ワクチンについて」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜不安障害編〜」
(2017/09/01)
通信vol.67「理学療法の症例(肩痛と膝痛)について」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜身体痛編〜」
(2017/06/30)
通信vol.66「頚部神経節ブロックの症例(突発性難聴、うなだれ首)について」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜口・歯・舌痛編〜」」
(2017/05/02)
通信vol.65「頚部神経節ブロックについて」「症状○○はどんなとき強まりますか?」
(2017/03/02)
通信vol.64「新年のご挨拶」「院長インタビュー〜覚悟の瞬間〜」「アサーション」
(2017/01/04)
通信vol.63「院長インタビュー〜覚悟の瞬間(インタビューサイト)〜」「運動療法〜痛みの治療編〜」「慢性疼痛とパニックの共通点」
(2016/11/01)
通信vol.62「リニューアルオープン!拡張しました!」「リハビリ部門の拡張〜運動療法新設〜」「健康365(10月号)当院記事掲載」「パニック障害の治療法〜行動療法と認知療法〜」
(2016/09/01)
通信vol.61「痛み治療の目標(ゴール)設定の重要性」「筋膜リリースのエコー画像」「パニック障害の治療法」
(2016/07/02)
通信vol.60「筋膜リリース」「超音波(エコー)ガイド下ブロック注射」「広場恐怖ってなに?」
(2016/05/02)
通信vol.59- 崘召“痛みグセ”を覚えてしまう前に治療しましょう!」
(2016/03/02)
通信vol.59-◆峅嵎款鼻2016年の傾向)」、「スーパーの行列に並べません! これって病気ですか?」
(2016/03/02)
通信vol.58(「当院の来院のきっかけ」、「当院の来院の多い症状(ペイン部門と心療内科部門別)」、「新タイプの睡眠薬」)
(2016/01/04)
通信vol.57(「かわたペインクリニックの取り組み〜タ少ない麻酔科と心療内科の併設クリニック〜」、「痛くて眠れない時に睡眠薬よりいい薬」)
(2015/11/03)
通信vol.56(「かわたペインクリニックの取り組み〜て端譴閉砲澆亮N邸繊廖◆峭堝伊椣未旅佑方」)
(2015/09/05)
通信vol.55(「かわたペインクリニックの取り組み〜4擬塒預莪貅腟繊繊廖◆崢砲澆粒稜Ч坩戞)
(2015/07/01)
通信vol.54(「かわたペインクリニックの取り組み〜⊆N妬圈繊廖◆崋N展果が上がりやすい痛みの考え方」)
(2015/05/06)
通信vol.53(「かわたペインクリニックの取り組み〜ゝ蚕冓圈繊廖◆屬△覆燭猟砲澆帽△里弔えはないですか?」)
(2015/03/02)
通信vol.52(「腰痛の最新治療について」、「自律神経の不調を整えるためには?」)
(2015/01/05)
通信vol.51(「腰痛の最新治療△砲弔い董廖◆嵜臾音間・睡眠リズムメカニズムの話について」)
(2014/11/04)
通信vol.50(「腰痛の最新治療,砲弔い董廖◆崢砲澆離瓮ニズムと痛みの治療薬について」)
(2014/09/01)
通信vol.49(「痛みの上手な伝え方について」、「痛みの細分化について」)
(2014/07/02)
通信vol.48(「慢性疼痛緩和プログラムの中の精神療法について」、「慢性疼痛について◆)
(2014/05/03)
通信vol.47(「神経障害性疼痛について」、「慢性疼痛について」)
(2014/03/06)
通信vol.46(「骨粗しょう症の治療〜最前線〜」、「メンタル症状に使える漢方薬」)
(2014/01/05)
通信vol.45(「最近の痛みの治療について」、「睡眠薬のQ&Aについて」)
(2013/11/03)
通信vol.44(「慢性疼痛の最近の薬物療法について」、「睡眠について知っていると役立つことについて」) 
(2013/09/02)
通信vol.43(「イオントフォレーシス療法について」、「心療内科の薬の減らし方について」) 
(2013/06/29)
通信vol.42(「理学療法の症例“々痛”と“膝痛”」、「認知行動療法について」) 
(2013/05/07)
通信vol.41(「漢方薬の良く効く症例紹介“”痛”と“▲船奪症”」、「心療内科におけるパニック障害の治療について」) 
(2013/03/08)
通信vol.40(「関節アプローチ療法の症例」「心療内科における不眠治療〜睡眠薬のお話〜」) 
(2013/01/17)
通信vol.39(「わき腹痛・肋間神経痛の症例「抗不安薬のお話」) 
(2012/11/12)
通信vol.38(「背部痛の症例「抗てんかん薬のお話」」「スタッフおすすめ治療〜硬膜外ブロック〜」)
(2012/09/09)
通信vol.37(「頭痛の症例」「痛み測定器ペインビジョン」「抗うつ薬のお話」)
(2012/07/12)
通信vol.36(「かかと痛の症例」「心療内科の薬について」)
(2012/05/09)
通信vol.35(「花粉症の症例」「心理検査」「足底板」)
(2012/02/29)
通信vol.34(「自律神経失調症と冷え症の症例」「社交不安障害」)
(2012/01/11)
通信vol.33(「顔面痛(歯口顔舌の痛み)症例」「睡眠のトラブルでお悩みの方へ」)
(2011/11/09)
通信vol.32(「頚椎症・肩こり症例」「原因不明の痛み、歯・口・顔の痛み」)
(2011/08/31)
通信vol.31(「腰痛症例」「心療内科の心理療法・手技療法の紹介」)
(2011/07/07)
通信vol.30(「帯状疱疹後神経痛の症例」「心療内科の診察室と診察時間の拡充」「トリガーポイント注射」)
(2011/05/11)
通信vol.29(「術後疼痛」「かかと痛」) 
(2011/03/09)
通信vol.28(「花粉症◆廖嵜肝兎皺覆凌翰療法」) 
(2011/01/13)
通信vol.27(「帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛◆廖屬Δ追臓廖法
(2010/12/01)
通信vol.26(「歯・口・顔の痛み」「認知症」)
(2010/09/30)
通信vol.25(「関節内注射」)
(2010/07/15)
通信vol.24(「不眠症」)
(2010/05/27)
通信vol.23(「星状神経節ブロック」「ストレスと病気」)
(2010/03/03)
通信vol.22(「ペインクリニックと心の治療」)
(2010/01/15)
通信vol.21(「硬膜外ブロック」)
(2009/11/30)
通信vol.20(「肋間神経痛」)
(2009/11/06)
通信vol.19(「トリガーポイント注射」)
(2009/09/01)
通信vol.17(「アレルギー疾患」)
(2009/03/10)
通信vol.16(「変形性膝関節症◆廖
(2009/03/10)
通信vol.15(「冷え性」)
(2008/11/24)
通信vol.14(「更年期障害」)
(2008/11/24)
通信vol.13(「自律神経失調症」)
(2008/09/03)
通信vol.12(「変形性股間節症」)
(2008/07/03)
通信vol.11(「花粉症」)
(2008/04/30)
通信vol.10(「顔の痛み」)
(2008/04/30)
通信vol.9(「頭痛」)
(2008/04/30)
通信vol.8(「足関節痛・足関節炎」)
(2007/10/01)
通信vol.7(「三叉神経痛」)
(2007/08/13)
通信vol.6(「変形性膝関節症」)
(2007/06/01)
通信vol.5(「肩関節周囲炎」「メタボリック症候群」)
(2007/03/07)
通信vol.4(「帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛」「関節アプローチ療法」)
(2007/01/29)
通信vol.3(「頚椎疾患」)
(2006/11/15)
通信vol.2(「腰痛」)
(2006/09/21)
通信vol.1(当院の来院傾向)
(2006/07/30)