このページの先頭です
ここから本文です

通信vol.42(「理学療法の症例“々痛”と“膝痛”」、「認知行動療法について」) 

理学療法士による理学療法の症例“々痛”


今回は、当院の理学療法士による理学療法の症例です。
〃舒沺(72歳 男性)
慢性の腰痛で悩んでいて、常に腰が重だるく板のように張っている。特に歩行時や前かがみになると強い痛みが生じる。当院でブロック療法をされている
が、理学療法も併用したいとのことで希望された。
⊆N天于
腰の筋緊張をとり緩めるための腰〜下肢へのリラクゼーションや腰と密接な関連がある股関節や膝の可動域を広げ曲げ伸ばしするストレッチを行います。又、仙腸関節を動かし、体の軸調整・全身調整を行いながら、腰・下肢に抵抗をかける筋トレや家での運動指導、などを数回に分け施術したところ、
‖里軽くなって動き易くなった、
気持ち良くリラクゼーション効果もある、
J欷嬰用でリハビリと同料金なのも嬉しい、
と喜んで頂いた。1回10分の施術で2〜3回でも効果はあるが効果持続や再発予防のために10回1セットで行っています。
9融
慢性腰痛の約8割は、明確な原因が特定できない非特異的腰痛と言われ、その多くは日常生活による姿勢や動作に影響を受けており、ストレスによる筋肉の緊張や末梢血管の収縮が疼痛を持続的なものにしていると言われます。そのため理学療法によるマッサージは大きな効果が期待できます。

通信vol.42(「理学療法の症例“々痛”と“膝痛”」、「認知行動療法について」) 

理学療法士による理学療法の症例“膝痛”


〃舒沺(65歳 女性)
変形性膝関節症で長年膝の痛みで悩んでいる。体重がかかった時や歩く時に痛い。特に階段のや坂道の昇り降りがつらく、下肢やふくらはぎが常にだるく張って痛い。毎週、関節腔内注射をしているが更なる症状緩和を期待し理学療法を試された。
⊆N天于
始めに下肢の筋緊張をゆるめ、膝関節の可動域をみながらストレッチをかけます。膝関節の変形により、本来使わない筋肉を過剰に使っているため、その筋肉に対してリラクゼーションを行います。又、下肢の筋肉の筋力の強化と再発予防のために、家でできる運動指導も実施しました。また、注射で筋肉を緩めた後に、理学療法を実施するので、さらなる効果が期待できます。理学療法と注射との併用で効果の持続期間も長くなり、毎週実施していた注射が隔週になったと喜んで頂いた。
9融
器械によるリハビリと違い、手技による理学療法は〆拮瑤砲錣燭詒調整が可能、
対話によるリラクゼーション効果も期待、
D砲澆良位だけでなく全身調整が可能、
等の特徴があります。
当院では国家資格を持つ理学療法士が医学的な技術や知識を駆使し施術しますので安心してお試し下さい。

通信vol.42(「理学療法の症例“々痛”と“膝痛”」、「認知行動療法について」) 

認知行動療法について

認知行動療法とは?


精神的な悩みの問題解決に役立つ心理療法です。1950年代にアメリカでうつ病患者のために作られ、抗うつ薬と同等又はそれ以上の治療成果を上げたため世界に広がりました。現在ではうつ病以外にパニック・強迫性障害等の不安障害や摂食・パーソナリティ障害、統合失調症にも適用され、他の治療技法に比べ、短時間で大きな効果があることが証明されています。認知行動療法は精神療法の世界標準(グローバル・スタンダード)となっていますが、日本では導入が遅れており認知行動療法が可能な機関はまだ多くありません。

通信vol.42(「理学療法の症例“々痛”と“膝痛”」、「認知行動療法について」) 

認知行動療法について

認知行動療法の治療法


認知とは、ものごとの考え方、受け止め方のことです。同じ出来事を体験した人が、みな同じ感情や行動にならないのは、認知の仕方がそれぞれ違うからです。認知に歪みが生じた結果、ものごとを悪い方にばかり考えてしまい、不安・イライラ・抑うつ等、様々な否定的感情に苦しむことがあります。認知行動療法とは、このような認知の歪みを修正して合理的な考え方ができるよう練習する方法です。
自分の認知(心のくせや考え方)のパターンを知り、それをより柔軟性の高いものに変化させていくことで、気分の改善を図り、社会への適応を高めます。

≪例≫
【出来事】声をかけたが返事がない

<従来>
【今までの認知】
無視された、何か怒らせるようなことをしたか、返事なくてひどい人だ
【今までの感情・行動】
悲しくなり落ち込んだ、何もする気がなくなり、胃も痛くなるほどだ

<認知行動療法の治療後>
【新しい認知】
聞こえなかったのでは?
【新しい行動】
正面からはっきりと挨拶する
【新しい感情】
返事してもらえて良かった

通信vol.42(「理学療法の症例“々痛”と“膝痛”」、「認知行動療法について」) 

認知行動療法について

認知行動療法のメリット


’知行動療法には副作用がない。
認知行動と薬物療法を併用すると、薬物療法のみの場合と比べ治療効果がより高くなると証明された。
G知行動療法は症状緩和だけでなく再発予防効果もある。(認知行動療法を習得するとストレスに上手に対処可能)。
認知行動療法は効果が科学的に証明された数少ない心理療法の一つで、歪んだ認知を“それが自分の性格で一生治らない”と諦めず気になる症状の方はぜひ一度ご相談下さい。

通信vol.42(「理学療法の症例“々痛”と“膝痛”」、「認知行動療法について」)

編集後記


今年は、春が短く夏が早い傾向にあります。このように急激な気温の変化があると体温を調整する自律神経のバランスが悪くなったり、体調を維持するリズムが崩れたりします。又、梅雨時期には持病の神経痛や古傷が痛むことがあります。気候の変化により体調不良や気分が優れないと感じたら早期来院しましょう。

最新の記事

通信vol.69「スマホ通院はじめました」「症状は川の流れのように」「当院の新しいブログサイトのホームページが完成」
(2017/10/31)
通信vol.68「作業療法の症例(手指の症状でお悩みの方)について」「帯状疱疹ワクチンについて」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜不安障害編〜」
(2017/09/01)
通信vol.67「理学療法の症例(肩痛と膝痛)について」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜身体痛編〜」
(2017/06/30)
通信vol.66「頚部神経節ブロックの症例(突発性難聴、うなだれ首)について」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜口・歯・舌痛編〜」」
(2017/05/02)
通信vol.65「頚部神経節ブロックについて」「症状○○はどんなとき強まりますか?」
(2017/03/02)
通信vol.64「新年のご挨拶」「院長インタビュー〜覚悟の瞬間〜」「アサーション」
(2017/01/04)
通信vol.63「院長インタビュー〜覚悟の瞬間(インタビューサイト)〜」「運動療法〜痛みの治療編〜」「慢性疼痛とパニックの共通点」
(2016/11/01)
通信vol.62「リニューアルオープン!拡張しました!」「リハビリ部門の拡張〜運動療法新設〜」「健康365(10月号)当院記事掲載」「パニック障害の治療法〜行動療法と認知療法〜」
(2016/09/01)
通信vol.61「痛み治療の目標(ゴール)設定の重要性」「筋膜リリースのエコー画像」「パニック障害の治療法」
(2016/07/02)
通信vol.60「筋膜リリース」「超音波(エコー)ガイド下ブロック注射」「広場恐怖ってなに?」
(2016/05/02)
通信vol.59- 崘召“痛みグセ”を覚えてしまう前に治療しましょう!」
(2016/03/02)
通信vol.59-◆峅嵎款鼻2016年の傾向)」、「スーパーの行列に並べません! これって病気ですか?」
(2016/03/02)
通信vol.58(「当院の来院のきっかけ」、「当院の来院の多い症状(ペイン部門と心療内科部門別)」、「新タイプの睡眠薬」)
(2016/01/04)
通信vol.57(「かわたペインクリニックの取り組み〜タ少ない麻酔科と心療内科の併設クリニック〜」、「痛くて眠れない時に睡眠薬よりいい薬」)
(2015/11/03)
通信vol.56(「かわたペインクリニックの取り組み〜て端譴閉砲澆亮N邸繊廖◆峭堝伊椣未旅佑方」)
(2015/09/05)
通信vol.55(「かわたペインクリニックの取り組み〜4擬塒預莪貅腟繊繊廖◆崢砲澆粒稜Ч坩戞)
(2015/07/01)
通信vol.54(「かわたペインクリニックの取り組み〜⊆N妬圈繊廖◆崋N展果が上がりやすい痛みの考え方」)
(2015/05/06)
通信vol.53(「かわたペインクリニックの取り組み〜ゝ蚕冓圈繊廖◆屬△覆燭猟砲澆帽△里弔えはないですか?」)
(2015/03/02)
通信vol.52(「腰痛の最新治療について」、「自律神経の不調を整えるためには?」)
(2015/01/05)
通信vol.51(「腰痛の最新治療△砲弔い董廖◆嵜臾音間・睡眠リズムメカニズムの話について」)
(2014/11/04)
通信vol.50(「腰痛の最新治療,砲弔い董廖◆崢砲澆離瓮ニズムと痛みの治療薬について」)
(2014/09/01)
通信vol.49(「痛みの上手な伝え方について」、「痛みの細分化について」)
(2014/07/02)
通信vol.48(「慢性疼痛緩和プログラムの中の精神療法について」、「慢性疼痛について◆)
(2014/05/03)
通信vol.47(「神経障害性疼痛について」、「慢性疼痛について」)
(2014/03/06)
通信vol.46(「骨粗しょう症の治療〜最前線〜」、「メンタル症状に使える漢方薬」)
(2014/01/05)
通信vol.45(「最近の痛みの治療について」、「睡眠薬のQ&Aについて」)
(2013/11/03)
通信vol.44(「慢性疼痛の最近の薬物療法について」、「睡眠について知っていると役立つことについて」) 
(2013/09/02)
通信vol.43(「イオントフォレーシス療法について」、「心療内科の薬の減らし方について」) 
(2013/06/29)
通信vol.42(「理学療法の症例“々痛”と“膝痛”」、「認知行動療法について」) 
(2013/05/07)
通信vol.41(「漢方薬の良く効く症例紹介“”痛”と“▲船奪症”」、「心療内科におけるパニック障害の治療について」) 
(2013/03/08)
通信vol.40(「AKA(エーケーエー)療法の症例」「心療内科における不眠治療〜睡眠薬のお話〜」) 
(2013/01/17)
通信vol.39(「わき腹痛・肋間神経痛の症例「抗不安薬のお話」) 
(2012/11/12)
通信vol.38(「背部痛の症例「抗てんかん薬のお話」」「スタッフおすすめ治療〜硬膜外ブロック〜」)
(2012/09/09)
通信vol.37(「頭痛の症例」「痛み測定器ペインビジョン」「抗うつ薬のお話」)
(2012/07/12)
通信vol.36(「かかと痛の症例」「心療内科の薬について」)
(2012/05/09)
通信vol.35(「花粉症の症例」「心理検査」「足底板」)
(2012/02/29)
通信vol.34(「自律神経失調症と冷え症の症例」「社交不安障害」)
(2012/01/11)
通信vol.33(「顔面痛(歯口顔舌の痛み)症例」「睡眠のトラブルでお悩みの方へ」)
(2011/11/09)
通信vol.32(「頚椎症・肩こり症例」「原因不明の痛み、歯・口・顔の痛み」)
(2011/08/31)
通信vol.31(「腰痛症例」「心療内科の心理療法・手技療法の紹介」)
(2011/07/07)
通信vol.30(「帯状疱疹後神経痛の症例」「心療内科の診察室と診察時間の拡充」「トリガーポイント注射」)
(2011/05/11)
通信vol.29(「術後疼痛」「かかと痛」) 
(2011/03/09)
通信vol.28(「花粉症◆廖嵜肝兎皺覆凌翰療法」) 
(2011/01/13)
通信vol.27(「帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛◆廖屬Δ追臓廖法
(2010/12/01)
通信vol.26(「歯・口・顔の痛み」「認知症」)
(2010/09/30)
通信vol.25(「関節内注射」「鍼灸治療」)
(2010/07/15)
通信vol.24(「不眠症」)
(2010/05/27)
通信vol.23(「星状神経節ブロック」「ストレスと病気」)
(2010/03/03)
通信vol.22(「ペインクリニックと心の治療」)
(2010/01/15)
通信vol.21(「硬膜外ブロック」「リンパトリートメント」)
(2009/11/30)
通信vol.20(「肋間神経痛」「ヘム鉄・銅サプリメント」)
(2009/11/06)
通信vol.19(「トリガーポイント注射」「プラセンタ療法」)
(2009/09/01)
通信vol.18(「整膚療法」「認知症予防のサプリメント」)
(2009/05/07)
通信vol.17(「アレルギー疾患」「コエンザイムQ10のサプリメント」)
(2009/03/10)
通信vol.16(「変形性膝関節症◆廖屮哀襯灰汽潺鵝Ε灰蕁璽殴鵑離汽廛螢瓮鵐鉢◆廖
(2009/03/10)
通信vol.15(「冷え性」「メディカルサプリメント」)
(2008/11/24)
通信vol.14(「更年期障害」「ビタミンCのサプリメント」)
(2008/11/24)
通信vol.13(「自律神経失調症」「プロアントシアニジン+αリポ酸のサプリメント」)
(2008/09/03)
通信vol.12(「変形性股間節症」「グルコサミン・コラーゲンのサプリメント」)
(2008/07/03)
通信vol.11(「花粉症」「ベースサプリメント」)
(2008/04/30)
通信vol.10(「顔の痛み」「サプリメント一覧」)
(2008/04/30)
通信vol.9(「頭痛」「無血刺絡(シラク)療法」)
(2008/04/30)
通信vol.8(「足関節痛・足関節炎」「サプリメント外来」)
(2007/10/01)
通信vol.7(「三叉神経痛」)
(2007/08/13)
通信vol.6(「変形性膝関節症」)
(2007/06/01)
通信vol.5(「肩関節周囲炎」「メタボリック症候群」)
(2007/03/07)
通信vol.4(「帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛」「AKA療法」「遠絡療法」)
(2007/01/29)
通信vol.3(「頚椎疾患」)
(2006/11/15)
通信vol.2(「腰痛」)
(2006/09/21)
通信vol.1(当院の来院傾向)
(2006/07/30)