このページの先頭です
ここから本文です

通信vol.26(「歯・口・顔の痛み」「認知症」)

歯・口・顔の痛み

歯・口・顔の痛みとは?


【歯・口・顔の痛み】
原因不明の顔の痛みに悩まされたことはありませんか?原因が明確な顔面痛は症状に応じた治療を行えば完治しますが、レントゲンや検査に異常がないのに、じんじんじわじわする歯痛が一日中、長期に続く非定型歯痛、舌の先や側縁にヒリヒリする痛みが続く舌痛症、舌・唇等にじりじり焼けるような痛みが続く口腔灼熱症候群、原因不明の顔面痛が続く非定型顔面痛等、これらの原因不明の顔面痛は顔に関わる診療科が多いため病院を転々とし、痛みをコントロールしょうと様々な歯科治療や手術が行われ、正確な診断をしてくれる専門医に辿り着くまで平均5年かかるというデータもあります。又、検査をしても異常がないため、「気のせい」とか「大げさ」と片付けられることが多く、ますます精神的に追い込まれていきます。
【なぜ起こるの?】
これら「原因不明の痛み」は、ここ10年ほどの神経科学や脳科学の急速な進歩によって、脳の中の痛みをコントロールしたり認知したりするシステムに変調がおこって、脳の中で痛みが増幅されたり、勝手に作り出されているのだということがわかってきました。これら原因不明の慢性疼痛に対して、いわゆる痛み止め(鎮痛薬)は末梢神経に作用する薬であるため、脳の中でおこる痛みには効きません。安易に鎮痛薬に頼るとさらなる副作用を招く場合もありますので、注意が必要です。

歯・口・顔の痛み

歯・口・顔の痛みの治療法は?


【どうしたら治るの?】
これら脳の中のシステム変調でおきた痛みに対して、脳に働きかける薬である「抗うつ薬・抗てんかん薬・抗不安薬」が高い効果を発揮します。「抗うつ薬・抗てんかん薬・抗不安薬」は、一見痛みとは関係なさそうな名称で多くは「精神科で使われている薬」であるため、患者様によっては「自分はうつ病でないから」と服用に抵抗を示し勝手に服用をやめる方もいますが「抗うつ薬・抗てんかん薬・抗不安薬」により7割強の痛みが消失したとのデータも出ていますので、慢性疼痛にお悩みの方は専門医による処方をお勧めします。しかし、一日中、痛みのことを考え続けている場合は、いくら薬を服用しても意識が痛みに集中し、神経をさらに刺激してなかなか痛みが改善しないため、痛みから意識をそらせる認知行動療法という心理アプローチからも治療が必要です。これら内服薬や心療内科的アプローチでも痛みが改善しない場合は、星状神経節ブロックやレーザー照射、漢方薬や鍼灸治療により鎮痛効果が期待できます。当院では、ペインクリニックと心療内科、当院附属施設が連携し、これら全ての心身両面からの治療を行うことが可能です。痛みを我慢せず、ご来院下さい。

認知症

認知症とは?


今回は「認知症」についてお話します。
【認知症は早期診断・早期治療が大切!】
高齢化に伴い増加している認知症は、現在約220万人(80歳以上の5人に1人)と言われます。認知症は患者様本人だけでなく介護するご家族に大きな負担がかかります。しかし、「おかしい」と気づいてから病院に行くまで約7割のご家族が2年以上かかっているとの報告もあります。認知症の中には早期発見し治療すれば“治る認知症”があります。ご家族の負担を少しでも軽くするには、年齢のせいと放置せず、予兆を感じたら、早期診断・治療を心がけましょう。
【認知症ってどんな病気?】
食事した事を覚えていない、自分の居場所がわからない…等、認識・記憶・判断する力が障害を受け、社会生活に支障をきたす状態を認知症といいます。認知症には、
.▲襯張魯ぅ沺七診知症(約6割)、
脳血管性認知症(約2割)、
治る認知症(原因となる病気を治療する事で症状が軽減する)(約2割)
等があります。
.▲襯張魯ぅ沺七診知症は原因不明で、脳の神経細胞が急激に減り、脳が萎縮して知能低下や人格崩壊がおこります。
脳血管性認知症は、脳卒中(脳梗塞・脳内出血)で脳の血管が詰まり破れたりすることによりその部分の脳の働きが悪くなる病気です。
その他の認知症はホルモン異常・肝臓病・腎臓病・ビタミン欠乏症等によるもので元の疾患を適切に治療すれば症状が軽くなります。

認知症

認知症の症状と治療について


【認知症の症状と治療】
認知症の症状は大きく二つに分けられ、
|羶瓦箸覆訃評(記憶障害・認識障害・判断力低下)、
△修譴鉾爾辰討こる周辺症状(不眠・抑うつ・妄想・不安・徘徊など)です。
認知症の中心となる症状を根本的に治療する薬は、今のところありませんが、最近アルツハイマー型認知症の進行を遅らせる薬がでてきています。また、主にご家族の負担となっている周辺症状のうちいくつかの症状は、適切な薬を使用することにより軽くなることがわかっています。また、認知症では患者様の症状に合わせた心理療法も重要な治療です。当院では、認知症かかりつけ医の登録を行い、「物忘れ外来」を設置して、認知行動療法の他、薬で効果の出ない認知症にも大きな効果を示しているサプリメント「フェルガード」も取り扱っていますので、是非ご相談下さい。

編集後記


初秋とは名ばかりで、まだ暑さ厳しき折、猛暑で熱中症や夏バテになられていませんか?
日頃から水分補給や温度調節にご留意下さい。
当院では、脱水症などの点滴も行っています。
又、季節の変わり目は様々な病気のサインが出易いですので、不調を感じたら、早期にご来院下さい。

最新の記事

通信vol.69「スマホ通院はじめました」「症状は川の流れのように」「当院の新しいブログサイトのホームページが完成」
(2017/10/31)
通信vol.68「作業療法の症例(手指の症状でお悩みの方)について」「帯状疱疹ワクチンについて」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜不安障害編〜」
(2017/09/01)
通信vol.67「理学療法の症例(肩痛と膝痛)について」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜身体痛編〜」
(2017/06/30)
通信vol.66「頚部神経節ブロックの症例(突発性難聴、うなだれ首)について」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜口・歯・舌痛編〜」」
(2017/05/02)
通信vol.65「頚部神経節ブロックについて」「症状○○はどんなとき強まりますか?」
(2017/03/02)
通信vol.64「新年のご挨拶」「院長インタビュー〜覚悟の瞬間〜」「アサーション」
(2017/01/04)
通信vol.63「院長インタビュー〜覚悟の瞬間(インタビューサイト)〜」「運動療法〜痛みの治療編〜」「慢性疼痛とパニックの共通点」
(2016/11/01)
通信vol.62「リニューアルオープン!拡張しました!」「リハビリ部門の拡張〜運動療法新設〜」「健康365(10月号)当院記事掲載」「パニック障害の治療法〜行動療法と認知療法〜」
(2016/09/01)
通信vol.61「痛み治療の目標(ゴール)設定の重要性」「筋膜リリースのエコー画像」「パニック障害の治療法」
(2016/07/02)
通信vol.60「筋膜リリース」「超音波(エコー)ガイド下ブロック注射」「広場恐怖ってなに?」
(2016/05/02)
通信vol.59- 崘召“痛みグセ”を覚えてしまう前に治療しましょう!」
(2016/03/02)
通信vol.59-◆峅嵎款鼻2016年の傾向)」、「スーパーの行列に並べません! これって病気ですか?」
(2016/03/02)
通信vol.58(「当院の来院のきっかけ」、「当院の来院の多い症状(ペイン部門と心療内科部門別)」、「新タイプの睡眠薬」)
(2016/01/04)
通信vol.57(「かわたペインクリニックの取り組み〜タ少ない麻酔科と心療内科の併設クリニック〜」、「痛くて眠れない時に睡眠薬よりいい薬」)
(2015/11/03)
通信vol.56(「かわたペインクリニックの取り組み〜て端譴閉砲澆亮N邸繊廖◆峭堝伊椣未旅佑方」)
(2015/09/05)
通信vol.55(「かわたペインクリニックの取り組み〜4擬塒預莪貅腟繊繊廖◆崢砲澆粒稜Ч坩戞)
(2015/07/01)
通信vol.54(「かわたペインクリニックの取り組み〜⊆N妬圈繊廖◆崋N展果が上がりやすい痛みの考え方」)
(2015/05/06)
通信vol.53(「かわたペインクリニックの取り組み〜ゝ蚕冓圈繊廖◆屬△覆燭猟砲澆帽△里弔えはないですか?」)
(2015/03/02)
通信vol.52(「腰痛の最新治療について」、「自律神経の不調を整えるためには?」)
(2015/01/05)
通信vol.51(「腰痛の最新治療△砲弔い董廖◆嵜臾音間・睡眠リズムメカニズムの話について」)
(2014/11/04)
通信vol.50(「腰痛の最新治療,砲弔い董廖◆崢砲澆離瓮ニズムと痛みの治療薬について」)
(2014/09/01)
通信vol.49(「痛みの上手な伝え方について」、「痛みの細分化について」)
(2014/07/02)
通信vol.48(「慢性疼痛緩和プログラムの中の精神療法について」、「慢性疼痛について◆)
(2014/05/03)
通信vol.47(「神経障害性疼痛について」、「慢性疼痛について」)
(2014/03/06)
通信vol.46(「骨粗しょう症の治療〜最前線〜」、「メンタル症状に使える漢方薬」)
(2014/01/05)
通信vol.45(「最近の痛みの治療について」、「睡眠薬のQ&Aについて」)
(2013/11/03)
通信vol.44(「慢性疼痛の最近の薬物療法について」、「睡眠について知っていると役立つことについて」) 
(2013/09/02)
通信vol.43(「イオントフォレーシス療法について」、「心療内科の薬の減らし方について」) 
(2013/06/29)
通信vol.42(「理学療法の症例“々痛”と“膝痛”」、「認知行動療法について」) 
(2013/05/07)
通信vol.41(「漢方薬の良く効く症例紹介“”痛”と“▲船奪症”」、「心療内科におけるパニック障害の治療について」) 
(2013/03/08)
通信vol.40(「AKA(エーケーエー)療法の症例」「心療内科における不眠治療〜睡眠薬のお話〜」) 
(2013/01/17)
通信vol.39(「わき腹痛・肋間神経痛の症例「抗不安薬のお話」) 
(2012/11/12)
通信vol.38(「背部痛の症例「抗てんかん薬のお話」」「スタッフおすすめ治療〜硬膜外ブロック〜」)
(2012/09/09)
通信vol.37(「頭痛の症例」「痛み測定器ペインビジョン」「抗うつ薬のお話」)
(2012/07/12)
通信vol.36(「かかと痛の症例」「心療内科の薬について」)
(2012/05/09)
通信vol.35(「花粉症の症例」「心理検査」「足底板」)
(2012/02/29)
通信vol.34(「自律神経失調症と冷え症の症例」「社交不安障害」)
(2012/01/11)
通信vol.33(「顔面痛(歯口顔舌の痛み)症例」「睡眠のトラブルでお悩みの方へ」)
(2011/11/09)
通信vol.32(「頚椎症・肩こり症例」「原因不明の痛み、歯・口・顔の痛み」)
(2011/08/31)
通信vol.31(「腰痛症例」「心療内科の心理療法・手技療法の紹介」)
(2011/07/07)
通信vol.30(「帯状疱疹後神経痛の症例」「心療内科の診察室と診察時間の拡充」「トリガーポイント注射」)
(2011/05/11)
通信vol.29(「術後疼痛」「かかと痛」) 
(2011/03/09)
通信vol.28(「花粉症◆廖嵜肝兎皺覆凌翰療法」) 
(2011/01/13)
通信vol.27(「帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛◆廖屬Δ追臓廖法
(2010/12/01)
通信vol.26(「歯・口・顔の痛み」「認知症」)
(2010/09/30)
通信vol.25(「関節内注射」「鍼灸治療」)
(2010/07/15)
通信vol.24(「不眠症」)
(2010/05/27)
通信vol.23(「星状神経節ブロック」「ストレスと病気」)
(2010/03/03)
通信vol.22(「ペインクリニックと心の治療」)
(2010/01/15)
通信vol.21(「硬膜外ブロック」「リンパトリートメント」)
(2009/11/30)
通信vol.20(「肋間神経痛」「ヘム鉄・銅サプリメント」)
(2009/11/06)
通信vol.19(「トリガーポイント注射」「プラセンタ療法」)
(2009/09/01)
通信vol.18(「整膚療法」「認知症予防のサプリメント」)
(2009/05/07)
通信vol.17(「アレルギー疾患」「コエンザイムQ10のサプリメント」)
(2009/03/10)
通信vol.16(「変形性膝関節症◆廖屮哀襯灰汽潺鵝Ε灰蕁璽殴鵑離汽廛螢瓮鵐鉢◆廖
(2009/03/10)
通信vol.15(「冷え性」「メディカルサプリメント」)
(2008/11/24)
通信vol.14(「更年期障害」「ビタミンCのサプリメント」)
(2008/11/24)
通信vol.13(「自律神経失調症」「プロアントシアニジン+αリポ酸のサプリメント」)
(2008/09/03)
通信vol.12(「変形性股間節症」「グルコサミン・コラーゲンのサプリメント」)
(2008/07/03)
通信vol.11(「花粉症」「ベースサプリメント」)
(2008/04/30)
通信vol.10(「顔の痛み」「サプリメント一覧」)
(2008/04/30)
通信vol.9(「頭痛」「無血刺絡(シラク)療法」)
(2008/04/30)
通信vol.8(「足関節痛・足関節炎」「サプリメント外来」)
(2007/10/01)
通信vol.7(「三叉神経痛」)
(2007/08/13)
通信vol.6(「変形性膝関節症」)
(2007/06/01)
通信vol.5(「肩関節周囲炎」「メタボリック症候群」)
(2007/03/07)
通信vol.4(「帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛」「AKA療法」「遠絡療法」)
(2007/01/29)
通信vol.3(「頚椎疾患」)
(2006/11/15)
通信vol.2(「腰痛」)
(2006/09/21)
通信vol.1(当院の来院傾向)
(2006/07/30)