このページの先頭です
ここから本文です

通信vol.18(「整膚療法」「認知症予防のサプリメント」)

新療法『整膚療法』について


<新療法『整膚療法』について>
当院付属施設“ペインラボプラス”では、『整膚(せいふ)』という新しい治療法を始めました。整骨・整体はよく聞きますが、あまり聞き慣れない『整膚』とはどんな治療法でしょうか?
1. 整膚ってどんな治療法?
整膚とは、皮膚を整えて体を健康にさせる働きがあり、近年人気テレビ番組でも紹介され、注目を集めている療法です。ツボ(経穴)と経絡(ツボとツボのつなぎ道)上の皮膚を優しく手指と手の平だけで、ソフトに気持ちよくつま
んで引っ張ることで、皮下組織が陰圧状態
になり、血液の流れが速くなり、リンパや血行
を良くして、老廃物を洗い流す治療法です。
2. どんな効果があるの?
経絡のツボをつまみ、引っ張りますから、その刺激が全身の筋肉・内臓器官・自律神経に影響を与え、あらゆる身体機能が調整され、回復力が総合的に高まります。慢性の肩こり・腰痛・関節痛・頭痛・寝違いなどの様々な痛み、冷え症・不眠症・花粉症・喘息・疲労などの体質改善、各内臓器官の症状、脳細胞の活性化、美容・ダイエットにも効果があります。
3. いつ頃できた治療法ですか?
『全ての病は皮膚に表れる、皮膚を治療しなければ大病に至る』という中国古代医学理論に基づき、按摩・鍼灸に加え、整膚は、新療法として1992年に理論と実技(70種類の手法)が確立し、1997年には「数千年の歴史ある中国医学を一歩前進させた」とWHO(世界保健機関)に推薦された健康法です。現在、世界10カ国に普及し、日本国内でも年間250万人以上が整膚治療を受けています。
4. 痛いの?按摩・指圧とは違うの?副作用はないの?
整膚は、身体に負担をかけない強さで、皮膚を軽く引っ張ってこそ、効果が発揮されるので、痛くありません。
按摩・指圧は、皮膚を強く押したり揉んだりすることにより、負荷がかかり組織を破壊し、かえって炎症をおこし、悪化や慢性化の原因になり、揉み返しがおこることがありますが、整膚は、身体にかかる負担がマイナスいわゆる「減力方法」ですので、慢性の痛みに効果があり、施術後も揉み返しなどの副作用は一切ありません。指圧・按摩でなかなか改善が見られない方は、是非、整膚をお勧めします。
5. 誰でも受けることができますか?
整膚は、痛くない上、一切器具も用いないので、アレルギーのある方・皮膚の弱い方、子供からお年寄り、虚弱体質の方、妊婦さんまで、誰でも安心して受けて頂けます。
どんな病院に行ってもよくならなかったという方は、一度、整膚を試してみて下さい。整膚は、未曾有の高齢者時代を背景に、身体に優しい施術として、注目を浴びるでしょう。

認知症予防のサプリメント

脳のサプリメント『フェルガード100M』


当院付属施設“ペインラボプラス”のDr’sサプリメントの紹介です。
『フェルガード100M』
’知症の予防・改善
抗酸化作用
9涯欹醉
【成分】
日本は世界最高の高齢化社会であり、世界一長寿国でもあります。
一方、認知症が高齢化よりも早いスピードで浸透し、問題視されています。フェルガードは、米ぬかから抽出された天然ポリフェノール・フェルラ酸と、古くから食用・薬用ハーブとして用いられたセリ科のガーデンアンゼリカを主成分とした脳のサプリメントです。記憶力の低下は、アミロイドβ蛋白(脳内の老人班)が50代頃から脳内に蓄積し始め、神経伝達物質の減少や脳内の炎症を約10〜20年後に起こすのが原因とされています。フェルラ酸はアミロイドβの働きを抑制し、ガーデンアンゼリカは弱った脳の神経伝達物質を新生する働きがあります。食生活の変化によるフェルラ酸摂取の減少と社会の高齢化が、認知症増加の原因と言われています。“認知症は介護ありき”ではなく、認知症の改善・治療は十分可能で、早期予防・早期発見が最も大事だと言うことをもっと多くの方に知って頂きたいです。フェルガードは、多くの臨床報告のある信頼性の高い製品で、健常者の方が予防のために摂取できて、副作用の心配も少なく、認知症薬(アリセプト)が使えない方にも効く点が特徴です。
“フェルガード100M”は、医療機関限定サプリで市販品より、効果持続時間が長く、1包でご飯17杯分のフェルラ酸が摂取可。
【摂取目安】1日2包を食前に水でお召し上り下さい。
【価格】 6,000円(60包)          ★脳のサプリ→貴方の大切な方の脳の健康に

編集後記


五月晴れの空に鯉のぼりのひるがえる季節となり、日中は汗ばむ陽気となりました。
外出の機会が増え、体調を崩すことのないよう、ご留意下さい。
又、梅雨のじめじめした季節には、痛みが増す場合がありますので、早期ご来院下さい。

最新の記事

通信vol.68「作業療法の症例(手指の症状でお悩みの方)について」「帯状疱疹ワクチンについて」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜不安障害編〜」
(2017/09/01)
通信vol.67「理学療法の症例(肩痛と膝痛)について」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜身体痛編〜」
(2017/06/30)
通信vol.66「頚部神経節ブロックの症例(突発性難聴、うなだれ首)について」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜口・歯・舌痛編〜」」
(2017/05/02)
通信vol.65「頚部神経節ブロックについて」「症状○○はどんなとき強まりますか?」
(2017/03/02)
通信vol.64「新年のご挨拶」「院長インタビュー〜覚悟の瞬間〜」「アサーション」
(2017/01/04)
通信vol.63「院長インタビュー〜覚悟の瞬間(インタビューサイト)〜」「運動療法〜痛みの治療編〜」「慢性疼痛とパニックの共通点」
(2016/11/01)
通信vol.62「リニューアルオープン!拡張しました!」「リハビリ部門の拡張〜運動療法新設〜」「健康365(10月号)当院記事掲載」「パニック障害の治療法〜行動療法と認知療法〜」
(2016/09/01)
通信vol.61「痛み治療の目標(ゴール)設定の重要性」「筋膜リリースのエコー画像」「パニック障害の治療法」
(2016/07/02)
通信vol.60「筋膜リリース」「超音波(エコー)ガイド下ブロック注射」「広場恐怖ってなに?」
(2016/05/02)
通信vol.59- 崘召“痛みグセ”を覚えてしまう前に治療しましょう!」
(2016/03/02)
通信vol.59-◆峅嵎款鼻2016年の傾向)」、「スーパーの行列に並べません! これって病気ですか?」
(2016/03/02)
通信vol.58(「当院の来院のきっかけ」、「当院の来院の多い症状(ペイン部門と心療内科部門別)」、「新タイプの睡眠薬」)
(2016/01/04)
通信vol.57(「かわたペインクリニックの取り組み〜タ少ない麻酔科と心療内科の併設クリニック〜」、「痛くて眠れない時に睡眠薬よりいい薬」)
(2015/11/03)
通信vol.56(「かわたペインクリニックの取り組み〜て端譴閉砲澆亮N邸繊廖◆峭堝伊椣未旅佑方」)
(2015/09/05)
通信vol.55(「かわたペインクリニックの取り組み〜4擬塒預莪貅腟繊繊廖◆崢砲澆粒稜Ч坩戞)
(2015/07/01)
通信vol.54(「かわたペインクリニックの取り組み〜⊆N妬圈繊廖◆崋N展果が上がりやすい痛みの考え方」)
(2015/05/06)
通信vol.53(「かわたペインクリニックの取り組み〜ゝ蚕冓圈繊廖◆屬△覆燭猟砲澆帽△里弔えはないですか?」)
(2015/03/02)
通信vol.52(「腰痛の最新治療について」、「自律神経の不調を整えるためには?」)
(2015/01/05)
通信vol.51(「腰痛の最新治療△砲弔い董廖◆嵜臾音間・睡眠リズムメカニズムの話について」)
(2014/11/04)
通信vol.50(「腰痛の最新治療,砲弔い董廖◆崢砲澆離瓮ニズムと痛みの治療薬について」)
(2014/09/01)
通信vol.49(「痛みの上手な伝え方について」、「痛みの細分化について」)
(2014/07/02)
通信vol.48(「慢性疼痛緩和プログラムの中の精神療法について」、「慢性疼痛について◆)
(2014/05/03)
通信vol.47(「神経障害性疼痛について」、「慢性疼痛について」)
(2014/03/06)
通信vol.46(「骨粗しょう症の治療〜最前線〜」、「メンタル症状に使える漢方薬」)
(2014/01/05)
通信vol.45(「最近の痛みの治療について」、「睡眠薬のQ&Aについて」)
(2013/11/03)
通信vol.44(「慢性疼痛の最近の薬物療法について」、「睡眠について知っていると役立つことについて」) 
(2013/09/02)
通信vol.43(「イオントフォレーシス療法について」、「心療内科の薬の減らし方について」) 
(2013/06/29)
通信vol.42(「理学療法の症例“々痛”と“膝痛”」、「認知行動療法について」) 
(2013/05/07)
通信vol.41(「漢方薬の良く効く症例紹介“”痛”と“▲船奪症”」、「心療内科におけるパニック障害の治療について」) 
(2013/03/08)
通信vol.40(「AKA(エーケーエー)療法の症例」「心療内科における不眠治療〜睡眠薬のお話〜」) 
(2013/01/17)
通信vol.39(「わき腹痛・肋間神経痛の症例「抗不安薬のお話」) 
(2012/11/12)
通信vol.38(「背部痛の症例「抗てんかん薬のお話」」「スタッフおすすめ治療〜硬膜外ブロック〜」)
(2012/09/09)
通信vol.37(「頭痛の症例」「痛み測定器ペインビジョン」「抗うつ薬のお話」)
(2012/07/12)
通信vol.36(「かかと痛の症例」「心療内科の薬について」)
(2012/05/09)
通信vol.35(「花粉症の症例」「心理検査」「足底板」)
(2012/02/29)
通信vol.34(「自律神経失調症と冷え症の症例」「社交不安障害」)
(2012/01/11)
通信vol.33(「顔面痛(歯口顔舌の痛み)症例」「睡眠のトラブルでお悩みの方へ」)
(2011/11/09)
通信vol.32(「頚椎症・肩こり症例」「原因不明の痛み、歯・口・顔の痛み」)
(2011/08/31)
通信vol.31(「腰痛症例」「心療内科の心理療法・手技療法の紹介」)
(2011/07/07)
通信vol.30(「帯状疱疹後神経痛の症例」「心療内科の診察室と診察時間の拡充」「トリガーポイント注射」)
(2011/05/11)
通信vol.29(「術後疼痛」「かかと痛」) 
(2011/03/09)
通信vol.28(「花粉症◆廖嵜肝兎皺覆凌翰療法」) 
(2011/01/13)
通信vol.27(「帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛◆廖屬Δ追臓廖法
(2010/12/01)
通信vol.26(「歯・口・顔の痛み」「認知症」)
(2010/09/30)
通信vol.25(「関節内注射」「鍼灸治療」)
(2010/07/15)
通信vol.24(「不眠症」)
(2010/05/27)
通信vol.23(「星状神経節ブロック」「ストレスと病気」)
(2010/03/03)
通信vol.22(「ペインクリニックと心の治療」)
(2010/01/15)
通信vol.21(「硬膜外ブロック」「リンパトリートメント」)
(2009/11/30)
通信vol.20(「肋間神経痛」「ヘム鉄・銅サプリメント」)
(2009/11/06)
通信vol.19(「トリガーポイント注射」「プラセンタ療法」)
(2009/09/01)
通信vol.18(「整膚療法」「認知症予防のサプリメント」)
(2009/05/07)
通信vol.17(「アレルギー疾患」「コエンザイムQ10のサプリメント」)
(2009/03/10)
通信vol.16(「変形性膝関節症◆廖屮哀襯灰汽潺鵝Ε灰蕁璽殴鵑離汽廛螢瓮鵐鉢◆廖
(2009/03/10)
通信vol.15(「冷え性」「メディカルサプリメント」)
(2008/11/24)
通信vol.14(「更年期障害」「ビタミンCのサプリメント」)
(2008/11/24)
通信vol.13(「自律神経失調症」「プロアントシアニジン+αリポ酸のサプリメント」)
(2008/09/03)
通信vol.12(「変形性股間節症」「グルコサミン・コラーゲンのサプリメント」)
(2008/07/03)
通信vol.11(「花粉症」「ベースサプリメント」)
(2008/04/30)
通信vol.10(「顔の痛み」「サプリメント一覧」)
(2008/04/30)
通信vol.9(「頭痛」「無血刺絡(シラク)療法」)
(2008/04/30)
通信vol.8(「足関節痛・足関節炎」「サプリメント外来」)
(2007/10/01)
通信vol.7(「三叉神経痛」)
(2007/08/13)
通信vol.6(「変形性膝関節症」)
(2007/06/01)
通信vol.5(「肩関節周囲炎」「メタボリック症候群」)
(2007/03/07)
通信vol.4(「帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛」「AKA療法」「遠絡療法」)
(2007/01/29)
通信vol.3(「頚椎疾患」)
(2006/11/15)
通信vol.2(「腰痛」)
(2006/09/21)
通信vol.1(当院の来院傾向)
(2006/07/30)